赤ちゃんにあったおしりふきを選ぼう【メリットを紹介】

毎日赤ちゃんが使うもの

しっかり確認してから購入する

ママと赤ちゃん

赤ちゃんがいる生活では、毎日必ずおしりふきが必要になります。また、当然一日に何度もおしっこやうんちをするので、大量に必要となってきます。なので、できるだけ安いもので済ませたいと考えますし、一方では赤ちゃんに使うものなので、品質も気になるところです。実際に使ってみると厚みや水分の量、保湿成分が入っているかどうか、どんな香りがするかといったところがおしりふきのポイントとなってきます。できるだけ厚めな方が使いやすいと感じる場合が多いと思いますが、反面ゴワゴワした手触りでは困ります。また保湿成分が配合されているものは、とても良さそうに感じますがベタベタする感じのものもあります。また、外国製のものなど硬めで使いにくいものもあるので、大量に購入する前に一度試しておくことをおすすめします。そこで、まずは量販店などのおしりふきコーナーで良さそうな商品を何種類か少量で購入し、使ってみてください。その中で手触りや香りなど、一番気に入ったおしりふきを継続して購入するのがいいと思います。おしりふきは毎日使うもので、なおかつ無くてはならないものなので、ストックを切らさないようにまとめ買いをするようになると思います。通販サイトなどでたくさんの種類を売っていますが、できるだけ国内メーカーの有名な銘柄のものが品切れになる心配は少ないようです。おしりふきの比較サイトもありますが、やはり自分で実際に使ってみることが重要です。

肌に優しいものを選ぼう

ベビー

赤ちゃん用品として必須のものに、おしりふきがある。おしりふきは、オムツ交換をする際には必ず必要となるものであり、日々利用する消耗品として利用されるものでもある。これらのおしりふきでは、様々な種類のものが販売されており、それぞれ特徴も異なっている。おしりふきでは、その厚みやトイレに流せるか、どのような成分が含まれているかなどにより違いがある。紙の厚みでは、厚いほどふき取り易く、手を汚す可能性が低くなるため厚みを重視したものがある。また、トイレに流せるタイプではそのままトイレに流し溶けるか否かにより違いが出る。おしりふきを利用した後、トイレに流せることでゴミを減らすことができ、衛生面も保つことが可能になる。その他、配合成分による違いもある。赤ちゃんのおしりふきでは、できる限り自然由来の成分が使用されているもので、低刺激のものを利用する必要がある。薬品が多く利用されているおしりふきなどでは、刺激が強く肌荒れにつながる可能性が高い。特に赤ちゃんの肌はデリケートである為、これらの薬品ができる限り含まれていないものを利用することが重要になっている。あかちゃんのおしりふきでは、価格面での違いも大きくなる。おしりふきは毎日使用するものであり、利用頻度が高くなる。その為、価格が高くないこともポイントになっている。おしりふきでは、各社から様々な特徴をもったものが販売されているが、安心して利用できるものを選ぶことが重要になる。

毎日使うものだから

洋服

赤ちゃんの肌はデリケートで、まだ大人ほどの免疫機能を持っていません。なので、少しの汚れやホコリでも肌が荒れてしまうということはよくあります。特におしりはおむつを付けていると汗で蒸れてしまいますし、排尿や排便のために汚れやすくなっています。なので、赤ちゃんのおしりはこまめにふくことが大切です。といっても、毎回ゴシゴシとふいてしまうと、それが刺激になって肌が荒れてしまいます。やわらかいもので優しくふいてあげることが必要になります。おしりふきに使うものも、赤ちゃん用のおしりふきを選ぶことが大切です。汗をかいているときやおしっこをした後などは、薄手のおしりふきで十分ですが、うんちをした場合はきっちりと汚れをふき取らなければならないので厚手のものがおススメです。どちらにしても、柔らかいものの方がおしりのカーブにもフィットしながら汚れをふき取ることができます。余計な成分が入っていない方が肌が荒れる心配がないですが、肌を保湿するための乳液などもしみ込ませてあるものは便利です。いろいろなメーカーから赤ちゃん用おしりふきが販売されており、価格にも幅があります。毎日使うものなので安いものを選びがちですが、赤ちゃんの肌との相性を確認するのを忘れてはなりません。肌に赤みが出たりかぶれてしまったら、速やかに使用を中止します。また、安いものでは一度に何枚も取れてしまい、使いにくいということもあります。おしりふきをする時は、赤ちゃんをあやしながらするので、使いやすいものを選ぶとスムーズに行えます。